今話題のリサイクルについて
リサイクルってよく聞くけど何? どんな物をリサイクルする? 何でリサイクルってするの? リサイクルはやればやるほどいいの? リサイクルの目印ってある?

リサイクルってよくテレビや新聞等で見たり、聞いたりするけどいったいどういう事だろう?

って思う方は以外と多いかも知れません。『リサイクル』言葉は知っているけど実際はどんな物がリサイクルっていうのだろうか?

そんな小さな疑問からリサイクルについて考えて、興味を持って調べてみるのも良いかもしれません。

って事でまずはリサイクルについて少し勉強してみましょう。以外と自分の考えが間違っていたかもしれませんよ・・・

身近なリサイクルに関わってみよう
リサイクルショップを探そう

フリーマーケットに参加してみよう

インターネットオークションに挑戦 ゴミの分別を調べてみよう
ネットオークションでのトラブル事例
事例1
インターネットオークションで、デジタルカメラを30,000円で落札し、相手の指定する銀行口座に代金と送料を振り込んだが、いつまで待っても品物が送られて来なかった。相手に催促のメールを送信しても返事が来ないし。相手の電話番号に電話すると、「現在、この番号は使われておりません。」というアナウンスが流れる。
事例2
インターネットオークションで、楽器が欲しくて入札したけど、次点となり落札できなませんでした。数日後、「落札者がキャンセルしたので代わりに買わないか?」というメールが来たので取引することにし、相手の指定する銀行口座に55,000円を振り込みましたが、いつまで待っても品物が送られて来ない。相手と連絡も取れなくなってしまいました。
事例3
インターネットのホームページを利用して食品関係の通信販売業を営んでいるが、当該ホームページに米10kgの注文が入ったので、注文者の住所に品物を送付したところ、いつまで待っても代金が支払われず、相手と連絡も取れなくなってしまいました。

ほかにもまだまだありますが、このようなトラブルに巻き込まれないように注意して下さい。

トラブルの大半は代金を支払ったのに商品が届かないと言うパターンです。代金先払いにはリスクが伴う事を頭に入れておいて下さい。

商品を購入する場合は、代金後払いが理想的です。
  また、エスクローサービス(仲介業者を介して代金や品物をやり取りする方法)を利用するのも良いでしょう。ただし、この場合は仲介業者に対する手数料が発生します

以前は代引き(代金と引き替えに品物を受け取る方法)も安全な方法の一つと考えられていたのですが、最近の事例では代引きでもトラブルになっているケースがあります。代引きの場合、可能であれば、届けられた品物の内容を確認してから代金を支払った方が良いでしょう。

トラブルに備えて
取引相手とやり取りしたメールは全て保存しておくようにしましょう
取引に関するオークションの画面や掲示板の画面等は、印刷するかファイルに保存しておくようにしましょう
代金を支払ったことを証明できるもの(振り込みの控え等)を保管しておくようにしましょう
上記以外の情報(取引相手に関する情報、オークションに関する情報等)についても、正確に記録しておくようにしましょう

 

トラブルに巻き込まれたら以下のような対応が考えられます
相手の住所が判明している場合は、配達証明付きの内容証明郵便で、品物の発送または代金の返却等を求めてみましょう
トラブルに遭ったオークションやインターネット等で情報を収集してみて下さい(同じ取引相手から同様の被害を受けている人が、他にもいる可能性があります)
相手とやり取りしたメールを印刷したもの、トラブルに遭ったオークションに関する情報、代金を支払ったことを証明する資料等を持参して、自分の居住地を管轄している最寄りの警察署の刑事二課(係)または生活安全課(係)等に相談に行きましょう

 

以上のことを注意しながらトラブルに巻き込まれずインターネットオークションを楽しんで下さい。

一部でありますが、インターネットオークションを行っている場所をご紹介します。

 

Back オークションやろう! GO

 

 

pickup

最終更新日:2015/7/24

top