今話題のリサイクルについて
リサイクルってよく聞くけど何? どんな物をリサイクルする? 何でリサイクルってするの? リサイクルはやればやるほどいいの? リサイクルの目印ってある?

リサイクルってよくテレビや新聞等で見たり、聞いたりするけどいったいどういう事だろう?

って思う方は以外と多いかも知れません。『リサイクル』言葉は知っているけど実際はどんな物がリサイクルっていうのだろうか?

そんな小さな疑問からリサイクルについて考えて、興味を持って調べてみるのも良いかもしれません。

って事でまずはリサイクルについて少し勉強してみましょう。以外と自分の考えが間違っていたかもしれませんよ・・・

身近なリサイクルに関わってみよう
リサイクルショップを探そう

フリーマーケットに参加してみよう

インターネットオークションに挑戦 ゴミの分別を調べてみよう

ごみの分別

ゴミの分別を調べてみよう

ゴミの分別は大事なことなんですけどすごく難しいですよね。各自治体によってどれが燃えてどれが燃えないとか、プラスチックはどうするの?とか、乾電池は個別に回収するの? などなどそれぞれ違っていて「こうだ!」と言い切れないのが現状です。そこで大切なのがその自治体のルールです。早めにパンフレットを貰うか近所の人に教えてもらって自治体独特のルールを覚えましょう。ゴミ問題はデリケートなもので、人間関係を泥沼化させかねないものですからきちんとルールを守りましょう。

ゴミの分別
各地方、自治体などによって違いがありますが、代表的なゴミの分別の種類を紹介してみます。
 燃えるゴミ
勘違いしている人もいると思いますが、火をつけて燃えるもの全てが燃えるゴミではありません。燃やしてしまうと環境に影響を及ぼす可能性の高いものなどはたとえ火をつけて燃えるものでも燃えるゴミと判断されません。同じようにリサイクルが可能な製品はたとえ燃えるゴミであっても別に回収されることになります。
 燃えないゴミ

燃えないゴミは埋めたてられるゴミであることがほとんどです。ですから何十年、いや何百年と土に還ることができない物もあるわけです。リサイクルできない、かといって燃やせないゴミはここに分別されます。

 粗大ゴミ

同じゴミでも大きいゴミは粗大ゴミというものに入ります。これらは通常のゴミ回収車では回収できないような大きい物の事です。大抵の自治体では事前に電話連絡をいれ、ゴミの回収が有料なところでは粗大ゴミのシールを事前に購入して貼り付け、自宅前においておきます。

 資源ゴミ

ゴミと言って捨てるにはもったいない、これからリサイクルすることによって再度資源として活用できる物です。ちなみに、ジュースの空き瓶などは資源ゴミですが、割れてしまった場合は不燃ごみに分別します。

 ペットボトル

ペットボトルは、資源ゴミの中でも“回収されれば”大変な優等生です。その応用範囲も広く、通常の資源ゴミと別に回収する自治体も多いくらいです。ただしポイ捨てされることも多く、その場合はずっと土に還らない大変困ったゴミになります。

 家電製品
家電リサイクル法というものが施行され、現在はテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機の4つの対象製品については通常の粗大ゴミとは区別され、別途数千円の費用を支払って捨てなくてはならなくなりました。こうして回収した家電は別途リサイクルされます。

 

 

Valuable information

東京で人気のプログラミングスクール

Last update:2017/8/17

top